10歳以上年上の男性と付き合ってよかったこと、悪かったこと後編

年齢のせいか結婚願望が強かったです

20代前半、学生の時に15歳年上の男性とお付き合いしました。バイト先の社員さんで独身の方でしたが、見た目はとても若くファッションも小ぎれいだったので、第一印象からとてもよかったです。その方の事務アシスタントのような業務をするため、仕事を教えてもらっているうちに恋愛関係になりましたが、会社内では隠していました。付き合ってよかったことは、落ち着きがあるため、一緒にいて安心感があったことです。同年代の男性、大学の子と付き合うと、彼氏の友人に紹介されたり、ということがあったのですが、とてもそういう場が苦手でした。

しかし、年上の彼氏は友人がほぼ既婚者だったため、友人に紹介される、ということもあまりなく、たまたま出かけた先で彼氏の友人や知り合いに出会っても、紹介はしてくれるけど、今度飲みにいこうぜ!一緒に遊ぼうぜ!というようなノリではなかったので、それはありがたかったです。彼氏も、年上のおっさんの中に若い子がいても、お互いに気を使うし・・・とのことでした。あとはやはり経済力ですね。あまりに欲しいものをねだると、そういったこと目当てと思われてしまったら困るので、高いものやブランド物などおねだりする、ということはありませんでしたが、同年代の彼とは行けないような高級店でランチやディナーなどはよく連れてってくれました。また、そういったお店に見合うような服装をしたほうがいいと、ブランド物を買ってくれたり、プレゼントしてくれることもありました。

旅行にも連れて行ってくれたりしたので、そういったところは、年上でよかったなと思いました。悪かったことは、年齢のせいか結婚願望が強く、出来るだけ早く結婚したいといわれたことです。付き合って3か月くらいしてから向こうの両親にも合いましたし、こちらの家にも、結婚を前提にとあいさつに来ました。それは親もびっくりしていましたが、私も予想外だったので、そんなすぐじゃなくて・・・と取り繕いましたが・・・。しかし私にも夢があったため、大学を卒業してすぐに結婚、というのは少し考えられませんでした。

やはり普通に就職して、キャリアを積んで・・・という夢があったので、プロポーズされても断りました。彼氏のことはとても好きでしたが、結婚して家に入って子供を産んで家のことをしてほしい、といった専業主婦志向が強かったので、社会に出たい、という私の思いとは少しそのあたりの方向性が違いました。将来について話し合うこともありましたが、年上で社会経験もあり、サラリーマンとして社会人の先輩でもある彼氏からはお説教的な感じも受けて、だんだんそれがしんどくなってきて、1年付き合いましたが、結局別れることになりました。年齢が離れていても、特に話が全く合わない、というわけでもなく、付き合って後悔した、ということもなく、いい経験をさせていただいたかな、といった感じです。

ひとり酒を飲む姿に哀愁を感じます

私は今主婦をしている31歳です。私の旦那さんは53歳(今年で54歳)、二人の歳の差は23歳です。

まわりの友人に話すと毎回驚かれますが、もう慣れたものです(笑)
今となっては笑って話せますが、付き合っている当初は親からはブタれるし周りはみんな悲観的なことしか言ってくれずで悲しい思いをしていました。
しかし、それを乗り切れたのは人生経験豊富な年上の彼が常に冷静に笑って隣に居てくれたからだと思います。そして、ようやく結婚・出産まで果たした私たちですが、そのなかでこれまで彼に抱いた良い点・悪い点を述べて行こうと思います(笑)

まずは私の勝手な男性のイメージですが『浮気、はたまた不倫をしない男などこの世にいない』、それが昔からの私の定義でした。しかし過去には男性に何度か浮気や二股・三股などをされて泣いて泣いて最後は別れることを度々経験していた私です。ですからどうしても結婚する相手には浮気や不倫をしてほしくなかった訳です。しかし男はみんな結局釣った魚にエサはやらず、次の魚を狙ってしまう…。よしっ、それなら年上の人なら安心じゃないか、そんな考えを常日頃から抱いているころでした。ある日居酒屋で今の旦那さんに出会って、その少し疲れた表情でひとり酒を飲むその哀愁。そんな佇まいに、なぜか心動かされた私でした。23歳も年上とは後々知りました。

男性と言うのはいくつになっても少し少年のようなところがあり、私的にはそんなに年上の感じには見受けられません。最近も彼を見ていて思うのですが、男性と言う生き物は女子が思うほどあまり深いことは考えていなくて、ひとつの事しか集中できない。だから私も年下だけれど対等に意見も言いますし、彼より私の方がよっぽどしっかりしているな…と毎日感じています(笑)

だからどれだけ年上の男性でも私的には母性も感じますし、頼もしさもやはり感じます。両方のバランスがちょうど良いので彼といると落ち着くのだろうなと思います。しかしながら、生活していると年上だから腹の立つこともありますが大きく包んでくれる感じは年上旦那の特権でしょうか。

自分の周りの物が無くなると何でもすぐに私のせいにします、けれど結局彼の勘違いだったりします。それと私が生まれる前の全然聞いたこともない歌手の人の話をクドく話してきます、私も一応女房なので聞いたふりをするのですが彼も酒を飲んでエンジンがかかると饒舌にその知らない歌手の話をするのがジェネレーションギャップを感じる点です。

歳の離れた男性は良い所も、もちろん悪い所もあります。しかしながら、年上だろうが年下だろうが大事なのはその人個人がどんな人間かという事だと思います。年下のイケメンでも女大好きで超変なクセを持っているかもしれないし、年上でも運動神経抜群でマッチョな優しいおじさんもいる。結局は歳ではなく中身だと思います。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。