10歳以上年上の男性と付き合ってよかったこと、悪かったこと前編

バツイチのカイシャ重役男性と4年付き合ってみて。。

30代前半から4年間ほど、22歳年上の彼とお付き合いしていました。彼は当時勤めていた会社の重役で、バツイチの男性でした。彼と付き合ってよかった事といえば、、同年代の友達と行くには敷居が高いようなお店やホテルに堂々と行くことができた事、また、彼は高級ブランド店で身に着けるものを購入していましたので、ついでに私の欲しいものも買ってもらえるといった事でしょうか。とにかく金銭的な面では何一つ不自由なことはなかったです。ただ、お店の方などに何度か親子と間違われたりしていました。私はまたか、といった感じで大笑いしていましたが、彼は真剣に落ち込んでいましたけど。

彼とは同じ会社ということもあり、仕事の話を主にしていました。私と同年代のお子様もいるので、一緒にいて会話に困るということは全くありませんでした。ただ、将来は結婚を視野に入れたお付き合いはしていたのですが、私の親とあまり歳が変わらないということもあり紹介はおろか、彼の存在すら話すことができずにいました。

彼も母親と子供たちと同居していたので、私とのお付き合いは話していなかったようです。また、将来結婚して子供を産みたいと思っていた私に、子供は自分の年齢の事もあり諦めてほしい、といった内容の事を言われ、大変ショックを受けた事もありました。その時からやっぱり結婚は同年代の男性を選んだ方がいいのかな、とうっすら心に浮かぶようになり、すこしずつ心が離れていくのがわかりました。そんな時、彼の母親が認知症を発症し始め、簡単な介護が必要となったことから、金銭的な余裕、また時間的な余裕がなくなっていきました。

デートの回数も減り、仕事中に用事を作って少し会う、といった事が続き、結局私から別れる事をきめました。私が別れを切り出したときも彼はなんともあっさり受け入れ、忙しくて心が離れたのだと、その時は思いました。それから後知ったことですが、母親の介護がだんだん大変になってきたこと、同時に孫が生まれたといった事情により、彼は前の奥様と再婚されたそうです。

付き合っていた時、付き合いを知っていた友達からは、年の離れた彼と結婚したらすぐ介護地獄になるよ、と大反対されていましたが、彼ともし結婚していたら、彼の介護の前に、彼の親族の介護が目の前に待っていたようです。きっと彼もその状況では私ほど年齢の女性では役不足だと思って身を引いたのではないか、と思うようになりました。

そう思えるのも、同年代の男性にはない包容力を持った方だったと、お付き合いの経験が良い思い出になっているからではないかと思います。

好きなだけ甘えさせてくれます

10歳年上の男性とお付き合いをしました。当時は、過去に同年代の男性としかお付き合いをしたことがなかったので、10個上の大人の男性に心が今まで以上にときめきました。年上とだけあって、同年代の男性とは違って人生経験も社会経験も豊富で、「こんなに魅力的な男の人はいない!」と周りに年上男性をおすすめしていたほどです。

【年上男性とお付き合いをして良かったこと。】

良かったことは、安心してなんでも相談できることです。人生経験も社会経験も豊富なので、仕事での上司に関する悩みを相談すると色んなアドバイスをくれます。上司と彼の年齢が近かったこともあったため、的確なアドバイスをくれたので、その後上司との関係も良好になったので良かったです。
また、悩んで落ち込んでいるときは年上とだけあって好きなだけ甘えさせてくれます!同年代の男性だとここまで甘えさせてくれないだろうと思うほど、甘えさせてくれます。精神的にとても安定して過ごすことが出来ます。デートも、ほぼ奢り…。「俺の方が収入も多いんだからお金出さなくていいよ」と、こちらが申し訳なく思ってしまうほどです。とにかく想像以上に可愛がってもらえる、愛を感じられるということが良かったです。

【年上男性とお付き合いをして悪かったこと。】

悪かった点は、所々話が合わないところがあることです。もしかしたら、人によるのかもしれませんが、流行にちょっと疎いところがありました。例えば、「あのテレビ番組面白かったよね~」と話を振ると「どこが面白いか分からない」と言われたり、過去に流行ったものの話で盛り上がれないということがちょっと残念でした。一番悪かったのは、年上とだけあって喧嘩をすると上手く丸め込まれる、すぐ論破されるということです。こちらが感情的になっても、冷静な表情で論破されます。絶対喧嘩で勝てません。喧嘩をしても余計にストレスになるので、そこが悪い点だなと思います。余計なストレスを貯めたくないのなら、喧嘩をしないことです。そんな10個上の年上男性とお付き合いをした結果、結局この男性と結婚をしました。

今も変わらず、好きなだけ甘えさせてくれます。共通の友人夫婦や私の友人からは、「相変わらず仲がいいね」「愛されてるのがこっちにまで伝わってくる」と言われています。実際に私も愛されているのを実感出来て、とても幸せです。同年代の男性と付き合ってもこれくらい愛を感じられるかと言われたら、そんなに感じられなかったかもしれません。愛をたっぷり感じたい方、年上男性おすすめですよ。

自分も成長する機会に恵まれます

私が10代以上年上の男性と付き合ってよかったなと感じたのは、やはり相手が大人なので基本的に自分も成長することができます。私は10歳上の男性と4年半お付き合いさせていただきました。ダメなことをしたときには、しっかりとそれは違うよということを伝えてくれていました。ただすぐにかっとなるわけではなく、優しい口調で伝えてくれるので、こういった面ではやはり優しさがあるなと思っていました。

ほとんど正論しか言わないので私も「そういった考えがあるのか」と改めて考えることができていましたし、凄く大人だなと感じることが多かったです。また私の我が儘だとか、少し気が強い所も同世代の男性にはかなり嫌な顔をされるのですが、そういったこともなく笑って許してくれていましたし、凄く心が広くて包容力が素晴らしいなと感じていました。

もちろんこれは私だけに限ることではなくて、私の友人にもそうだったのですがかなり親切にしてくれていましたし、私の友人や親までも同様に大事にしてくれていたのが伝わってきていたので、そういう面で付き合ってよかったなと思いました。たまに私がいくら遊んでいても何も言いませんでしたし、男性がいても何も言わず、「楽しんできてね」という感じでこういったところが大人な男性の余裕なのかなとも思いました。

悪かった所は、やはり年上ということもあって私が結構父親のように見てしまうと言いますか、「これをやったら怒られるかな」と最初に考えてしまったり「こどもとしか思われていないのかな」と思ってしまうこともあって、自分に自信が持てないこともありました。やはり10歳も上だと自分よりも経験が豊富で、いろんな経験をしてきていました。それを聞くだけでも私はまだ子供だから釣り合うことができるのかなと不安になってしましたし、相手にしてもらっているけれども、もっといい女性ができた場合捨てられてしまうのではないかという恐怖が常にあり、そこまで安らげなかったように思います。

またあまりデートとなるとゆっくりするデートが多くて、当時20代前半だった私には少し物足りなかった部分もありました。あそこに行きたいなと思っても少し若すぎる場所だったりすると私も言いづらかったですし、きっと行きたいと言えば優しいので付き合ってくれたんだとは思うのですが、私も遠慮をしてしまって、あまりそういう所で伝えられるくらい相手のことを信用できていなかったのかもしれませんし、理解し合うのが難しかったように思います。

黒澤明監督の映画や東京ラブストーリーが好きな人でした

就職して2ヶ月くらいたった頃、ちょうど10歳離れた会社の先輩とお付き合いしました。付き合うきっかけは、私がそれまで付き合っていた人と就職したことで距離ができて、なんとなく自然消滅のようになってしまったことを相談したことだったと思います。それまでは同い年か、2歳上くらいの方としかお付き合いしたことがなかったので10歳離れているというのは新鮮でした。映画やドラマなどの演劇が好きな人で、今まで見たことのなかった黒沢明監督の映画や東京ラブストーリーをレンタルしてきて一緒に見たりしました。

彼の理想の彼女は赤名リカだといってました。自分が今まで知らなかったことや興味がなかったことも彼に教えてもらうことで楽しく知ることが出来たと思います。私が知らないことを教えることを彼も楽しんでいたと思います。なので初めはすごくうまくいっていました。同じ職場でしたが、特に隠したりはせず公表もしていました。なので、きいてもいないのに違う先輩からは彼が過去に付き合っていた人のことをきかされたりすることもあって、それは嫌でした。彼の方も自分と合わない人と私が仕事を一緒にすることをなんとなく嫌がっているようでした。

私が入社する前のその人の失敗話などをしてくることもありました。きいてもいないのに。こういうことが増えて、付き合って一年くらい過ぎた頃、私はたぶんあまりもう彼に魅力を感じてなかったと思います。初めは仕事も趣味も教えてもらうことが多くて楽しかったけど、私が自分の考えや思いを彼に話しても否定されることが多かったからだと思います。彼にとって私は対等な彼女ではなく、あくまでも自分が上の関係なのだと気がつきました。ただ皆に公表していたのでなかなか別れを決めることはできなかったです。

私に異動が決まり、遠距離までは行かないけど電車で一時間以上かかるところへ引っ越すことになり、私はこれがチャンスと思い彼と別れることを決めました。異動と引っ越しのバタバタで1ヶ月ほどほとんど会わず、落ち着いたころ私が彼を食事に誘い、別れたいと伝えました。彼は別れ話とは思っておらず、びっくりした様子でした。もちろんすぐには別れを受け入れてはもらえず、他に男がいるのか聞かれました。そうではなかったけど、彼を嫌になっていった理由では納得してもらえないかなと思って、他に好きな人ができたと言って別れを受け入れてもらいました。私はこの彼以降、年の離れた方とはお付き合いはしていません。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。